成犬のしつけ

犬が噛んできたらどうすればいいの?飼い主に噛みつく理由をプロが解説


すぐちゃん
すぐちゃん
こんにちは、ドッグトレーナーの根本すぐるです!(@sugudog0801)

 

 愛犬に噛まれたらどうすればいいの!?

今回はそんな飼い主さんに向けた記事です。

 

犬が噛むのは自然な行為です。

物を噛めば歯の掃除にもなるし、脳の刺激を受けてストレス発散にもなります。

だからといって、何でもかんでも噛んでしまったら家の中もボロボロになるし大切なものを壊されたり、誤飲の恐れもあります。

攻撃性のある犬だと飼い主を噛むときだってあります。

そうしたら、家の中は大惨事になるし、愛犬との信頼関係もバラバラに・・・。

 

ここでは、愛犬がどのようなときに噛んでしまうのかと噛んだときの対処方法を記事にまとめております。

千葉県を拠点に犬の問題行動の解決、飼い主様へのコーチングを行っています。(その他の地域はお問い合わせ下さい)

あなたの犬が吠える、引っ張る、噛み付くなどお任せ下さい。

\まずは無料カウンセリングから/あなたの犬にぴったりなしつけ方法をご提案いたします!

今すぐ無料カウンセリングを試してみる

愛犬と遊んでいるときに噛む

愛犬とおもちゃで遊んでいると、たまに手や足を噛んだりしませんか?

これは「甘噛み」というものです。

どちらかというと、仔犬の時期に多いもので

ジャック
ジャック
遊ぼう!!!

飼い主さんと仲良くなりたい仔犬からのメッセージでもあります。

生まれてすぐに親や兄弟から引き離され他の犬と甘噛みをしあった経験がなくて力の加減が分からず、相手が嫌がる強さが分かっていません。

ですが、よく飼い主さんから

甘噛みを早めにやめさせないと本気噛みに変わったりしませんか?

という質問があるのですが、それはあまり関係ありません。

なぜなら、犬は攻撃するときと遊ぶときの思考が全く異なります。

甘噛みさせたからといって本気噛みにつながらないのです。

仔犬の時期は、元気で遊び盛りなので甘噛みをするのは当たり前のことです。

飼い主さんが我慢ができる程度の強さで噛むのなら許してあげる心の広さを持ちましょう。

ただし、本当に痛いと感じた場合は、無理に叱らずに遊びを中断して

「この強さで噛んだら楽しい遊びが終わってしまうよ!」と犬に学習させることで、力の加減を教えてあげましょう。

愛犬を触ろうとすると噛む

愛犬を触ろうとすると、噛んでくる理由は大きく分けて2つあります。

①.飼い主さんに叱られて叩かれてしまった経験がある。

②.犬の身体に痛みがあったり、ケガをしている。

飼い主さんに叩かれてしまった経験がある場合は、自分を守るために噛む行動が出ています。

これは、飼い主さんが先に攻撃したことが原因となっていることが多いです。

一方、身体に痛みやケガをしている場合、むやみに触ろうとすると噛んできます。

愛犬に噛まれたからといって「舐めれないように、がんばろう!」と思う必要はありません。

愛犬が噛んでくるのは、あなたに何かされると察知してそれを止めたかったからです。

噛んだからといって、飼い主さんを見下してたり、バカにしたりしているわけではありません。

なので、まずは愛犬と信頼関係を築くことから始めてみましょう。

愛犬が喜ぶような遊びをして体を触れるタイミングがあったら軽く触ってあげて少しずつ慣れさせていきましょう。

それでもうまくいかない場合は、プロのトレーナーに相談するのも1つの手段でもあります。

愛犬と散歩中、他犬に噛もうとする

愛犬と散歩中に会った犬と挨拶するときに噛もうとしたときってありませんか?

ジャック
ジャック
近づいてくるなよ〜!

という、犬の感情が含まれています。

こういった犬は、すごく繊細な性格で他の犬を苦手だと感じることが多いです。

また、仔犬の時期の社会化が不足している可能性があります。

▶︎【仔犬の時期が勝負!】社会性のある犬の育てる方法

他の犬と仲良くできないからといって無理して仲良くなる必要ありません。

それよりも、愛犬が他の犬と近づけたときに噛みついてしまうことがあります。

無理に仲良くさせようとするのは、トラブルのもとになります。

もし、散歩中に会った犬を怖がっているのなら、「ここまでくれば、大丈夫!」という距離まで離れましょう。

「おすわり」や「伏せ」ができる場合は、おやつを使って犬同士が近づきすぎないように距離をとって指示を出してみましょう。

だけど、最初はうまくいかないので何回も練習して徐々に慣れていくことが大切です。

食事中に近づくと噛む

愛犬が食事中に話しかけたり、手を出したりすると噛まれそうになったときありませんか?

こういった行動を見せるのは、食事中にだれかが近づくと

はなちゃん
はなちゃん
盗らないで!!!

と思い、警戒して食べ物や食器を守ろうとします。

また、ごはんを食べ終わっても食器をとられないように守ることがあります。

この場合の対策として、

食事の邪魔をしないで、そっと見守ることが大切です。

食事中に触られるのは人間でも嫌ですよね。

慣れさせるために触ろうとすると、ますます警戒して噛みつかれてしまう危険性があります。

「人が近づいてきてもごはんはとられないよ!」と学習させてあげることがポイントです。

おやつを手渡しで食べることができるのなら、ごはんも軽く手にとって食べさせてあげてみてください。

手渡しであげることで、母犬からごはんをもらっている感覚になります。

それが難しかったら、愛犬がごはんに対する執着がなくなるまで待ってあげましょう。

愛犬が家具を噛む

愛犬をお留守番させていたら、ソファーやカーテンがぐちゃぐちゃに・・・。

犬にとって家の中にはたくさんの誘惑が楽しいおもちゃに変わってしまっています。

こういった行動は、犬がヒマになってしまうときに起きるのです。

運動不足だったり、留守番する時間が長かったりするとストレスが溜まってきます。

ましてや、若いときなんてエネルギーがあり余っています。

そこに、ひらひら揺れたカーテンやふわふわで噛みやすいクッションがあれば思わず遊んでしまいますよね。

犬には、何を噛んで良いのか悪いのかの区別を教えたところで分かりません。

「これを噛んだらダメでしょ!」とあとから叱ったところで犬には何のことかさっぱり分かりません。

それよりも、噛んだら困るものはしまっておき、犬が近づかないように対策を考えましょう。

この場合の対策は、とても簡単です。

愛犬が疲れるまで遊んであげることです。

長めの散歩をしたり、疲れるまで遊んであげたりすると良いでしょう。

そうすれば、疲れきって休んでしまいます。

さいごに

犬を噛むのは自然な行動です。

そして、犬が噛むのにも理由があることが理解してもらえたかと思います。

無理してやめさせるのではなく、飼い主さん側が愛犬の気持ちを理解して愛犬に合ったトレーニング方法を見つけていかなければいけません。

この記事を読んで、いろいろ試しても上手くいかなかった場合は、ためらわずプロに相談しましょう。

 

では、これからも楽しいわんちゃんライフをお過ごしください!

千葉県を拠点に犬の問題行動の解決、飼い主様へのコーチングを行っています。(その他の地域はお問い合わせ下さい)

あなたの犬が吠える、引っ張る、噛み付くなどお任せ下さい。

\まずは無料カウンセリングから/あなたの犬にぴったりなしつけ方法をご提案いたします!

今すぐ無料カウンセリングを試してみる