映画

【犬好き必見】「僕のワンダフルジャーニー」を公開初日に観に行った感想


すぐちゃん
すぐちゃん
こんにちは、ドッグトレーナーの根本すぐるです!(@sugudog0801)

 

待望の「ワンダフルジャーニー」が公開されましたね。

もうやっとっですよ、やっと。

前作は映画館では見れず、DVDを借りたのですが、もう本当におもしろかったです。

続編が発表された時は、楽しみで仕方なかったです。

そこで、まだ見たことがない!という方にこの作品の魅力をお伝えできたらと思います。

 

本記事では、

  • あらすじ
  • 登場人物と犬種
  • 感想

について解説いたします。

こんな方に観てもらいたい

今ペットを飼っている

ペットを亡くして悲しんでる

※ネタバレがあるので注意して下さい。

「僕のワンダフルジャーニー」のあらすじ

まずは前作を振り返ってきたから、

続編のあらすじをお話しますね。

前作「僕のワンダフルライフ」の振り返り

ゴールデンレトリバーのベイリーは、少年だったイーサンに命を救われ、家族の一員に。

やがて時が過ぎ二人に別れの日が訪れた。

しかし、イーサンが心配なベイリーは何度も生まれ変わるまで、様々な犬生を経験。

 

そして、やっとの思いでミックス犬のバディとしてイーサンと再開。

彼を初恋の女性ハンナと引き合わせ、ハッピーエンドというお話です。

本編のあらすじ

イーサンと50年ぶりの再開を果たす。

やがてベイリーは病気にかかり、死ぬ間際に孫娘CJを「守ってほしい」と託される。

その誓いを守るために様々な犬種に生まれ変わりながら、CJの成長を見守り続けるベイリー。

 

イーサンの願いを叶え、

  • 「CJを幸せにしたい」
  • 「家族の絆を取り戻したい」

そんな一途な思いが再び感動を呼ぶ作品です。

 

ここから先はネタバレ注意!

気になった方は映画館もしくはお近くのレンタル屋さんにて。

「僕のワンダフルジャーニー」の犬種を紹介

まずは、

  1. ベイリー
  2. モリー
  3. ビッグドッグ
  4. マックス

の順番でお話していきます。

【プロローグ】ベイリー(バディ)

バディの犬種:グレートピレニーズとバーニーズマウンテンドッグのmix犬

前作「僕のワンダフルライフ」で転生を繰り返し飼い主イーサンのもとに戻ってきた犬。

もともとバディと名付けられてた大型犬ですが、イーサンにベイリーと気づいてもらってからベイリーとして再度名付けられています。

「僕のワンダフルジャーニー」の冒頭から登場してくれます。

【一回目の転生】モリー

モリーの犬種:キャバグル(ビーグル×キャバリア)

ベイリーが次に転生したのがモリー。

幼い頃のCJがどうしても飼いたくて母に内緒で生活していた。

CJが成人になるまで一緒に生活するも母との揉め、車の事故でモリーを亡くす。

すぐちゃん
すぐちゃん
小柄ながらも物怖じしない勇敢な姿に魅了されました!

【二回目の転生】ビッグドッグ

ビッグドッグの犬種:アフリカン・ボーアボール

日本にはいないかなり珍しい犬種です。

 

次にベイリーが転生したのは、ガソリンスタンドを経営しているジョーのところでした。

大人になったCJとたまたま出会い、思い出してもらおうと必死にアピールする。

でも、さすがにモリーだと分かってもらえず。

車に乗ってるCJを追いかける「アフリカンボーアボール」の走りっぷりは圧巻でした。

すぐちゃん
すぐちゃん
犬ながら演技が素晴らしい、あっぱれ!

【三回目の転生】マックス

最後にベイリーが転生した犬は、マックスの犬種:ヨークシャーテリア。

動く宝石ともいわれるほど小型で愛らしい犬種です。

ですが、勇敢な性格がゆえ攻撃性が高くなることも。

すぐちゃん
すぐちゃん
ですから、最低限のしつけや運動を行う必要がありますよ!

「僕のワンダフルジャーニー」のキャスト紹介

お次は

  1. イーサン
  2. ハンナ
  3. CJ
  4. グロリア
  5. トレント 

で紹介していきます。

イーサン:デニス・クエイド

前作でベイリーが転生を繰り返してやっとの思いで再開を果たした「イーサン」(飼い主)を演じるのは、「デニスグレイド」

「CJを助けてほしい」という願いをベイリーに伝えた最重要人物です。

ハンナ:マージ・ヘルゲンバーガー

イーサンの妻役「ハンナ」を演じるのは「マーナ・ヘルゲンバーグ」です。

前作の妻役とはキャストが変わっています。

CJ:キャスリン・プレスコット

今回の主役「CJ」を演じるのは「キャスリン・プレスコット」

個人的な意見ですが、めちゃかわいいです(笑)

グロリア:ベティ・ギルビン

「CJ」の母「グロリア」を演じるのは「ベティ・ギルビン」

犬嫌いな彼女だが、ラストには犬が大好きになる。

トレント:ヘンリーラウ

ハンナの幼馴染であり運命の人「トレント」を演じるのは「ヘンリー・ラウ」

中国系カナダ人であり、本業は歌手。

めちゃイケメンです!

「僕のワンダフルジャーニー」をみた感想

はじめはこの作品を観るにあたって予告編がありますよね。

前作「僕のワンダフルライフ」もそうで犬に声をつけて物語が進みます。

正直なところ「これってコメディーなのかな?」とあまり期待していませんでした。

でも映画が終わった頃には、思わず拍手してしまうぐらい幸せな気持ちになれたのです!

 

やはり動物系の映画って「悲しみが募るから泣けるんだ」と感じる方もいます。

ですが、この作品に関しては、悲しくて泣かせる作品ではありません。

もちろん悲しい場面はいくつかありますよ。

でも物語が少しずつ進むにつれ、あのシーンの喜びをみただけで嬉し泣きをしてしまいます。

もうそのシーンを観たらだれもが幸せになる、この作品を観てる観客、映画の中の登場人物達も全てが幸せなまま最高なハッピーエンドになります。

 

これは本当にそのシーンを皆さんに観ていただきたいです!

 

こんな方に観てもらいたくて、

  • 今ペットを飼っている
  • ペットを亡くした悲しみがある

この作品を観ることによって、これからの愛犬との付き合い方を変えてみたり、ペットロスがもしかしたら治るかもしれません。

 

動物系の映画でこんな素晴らしいストーリーがあるのかと思うぐらい本当に感動しました。

「僕のワンダフルジャーニー」はいつまで公開されるの?

「僕のワンダフルジャーニー」の公開日は9月13日です。

ですから、大体1ヶ月ほどは平均で公開されるため、10月13日までは公開されるという見積もっていいでしょう。

 

また、「僕のワンダフルジャーニー」は大ヒットした感動作「僕のワンダフルライフ」なので注目度が高く、公開が伸びる可能性があります。

公開が伸びた場合は、10月下旬ほどまで公開される可能性はあると思います。

もう絶対みて!!

以上、「ワンダフルジャーニー」を公開当日にみた僕の感想でした。

犬を飼っている人飼ってない人関係なく、犬が大好きな人に観てもらいたいです。

そして、鑑賞中に愛犬が愛おしくなり会いたくなりました。

帰ったら思い切り抱きしめました!!!(笑)

 

この映画は、

「犬を通じて家族の絆を深める」そんな作品となっております。

まあまあごちゃごちゃ言うより黙ってみて!

これが1番伝わるかと思います(笑)

 

では、これからも楽しいわんちゃんライフをお過ごしください。