成犬のしつけ

わがままな犬をどうしつける?失敗しがちな飼い主に共通する5つの特徴


すぐちゃん
すぐちゃん
こんにちは、ドッグトレーナーの根本すぐるです!(@sugudog0801)

 

「ほんとわがままでどうしようもないわ!」

 

そのような思いから「しつけ」に取り組もうと考えている飼い主さんが多いのでないでしょうか。

しかし、「しつけ」というのはやり方を間違えると、場合によっては愛犬に苦手意識だけを植え付けてしまうこともあります。

訓練士時代のぼくは、結果をだけを求めており、犬の気持ちを理解しようともせず訓練していました。

 

その結果、ぼくと訓練しなくなりました。

一方的な押し付け教育によって、しつけ嫌いになってしまったのです。

そんな大きな反省点がありました。

 

そこで今回、僕がお伝えしたいのは、愛犬とうまく付き合っていく方法です。

これって僕だけに限らず、犬を飼っている人は共通して言えることだと思うんですよね。

ここでは、犬の可能性を広げたい方やしつけがうまくいかない方のために記事をまとめています。

 

すぐちゃん
すぐちゃん
ぜひご覧ください!

千葉県を拠点に犬の問題行動の解決、飼い主様へのコーチングを行っています。(その他の地域はお問い合わせ下さい)

あなたの犬が吠える、引っ張る、噛み付くなどお任せ下さい。

\まずは無料カウンセリングから/あなたの犬にぴったりなしつけ方法をご提案いたします!

今すぐ無料カウンセリングを試してみる

犬の心が冷めないようにすること

訓練士時代、犬の気持ちを無視してトレーニングしていたら担当犬に思い切り噛まれたことがあります。

穏やかな性格の犬だったので噛まれた時はびっくりしましたが、すぐに気づきました。

「俺のことをもっと見ろよ!」

と、担当犬から説教されてしまいました。

そのときはショックで何日間か引きずりましたね・・・(笑)

だけど、担当犬のおかげで僕の悪いところを教えてくれました。

そのおかげで、改めて犬と一緒に楽しくトレーニングすることができたのです。

ありがとう!

犬の可能性を潰す飼い主の共通点

飼い主の方が必死になってる

「お手を教えよう」

「スポーツをしよう」

愛犬と一緒に何か取り組むことで飼い主が必死になると上手くいきません。

なぜなら、飼い主が必死になればなるほど犬の「楽しさ」を無視してしまうからです。

犬は常に「楽しく取り組むこと」が絶対に必要です。

飼い主が必死になればなるほど、犬の気持ちは下がる一方です。

もし、あなたが必死こいていたら愛犬の顔を見てみてください。

尻尾が下がってつまらない顔をしているかもしれません。

そんなときは何もかも一旦中止。

全部忘れて愛犬が楽しむことを何でもいいからやってみましょう。

つまらない顔から笑顔に変わっていきますよ!

始める時期は早い方がいいに決まってると思ってる

始める時期は早い方がいいに決まっていると思っていませんか?

大事なのは、犬自身が「楽しい、やりたい」という気持ちを持っているかどうかです。

それがなければいくら早く始めても意味はありません。

逆に始めるのが遅かったとしても

犬:「もっとやろう♫」

という気持ちがあれば何歳だろうとグングン伸びるんです。

飼い主が犬に期待をしすぎている

「この子ならできる」

「頭のいい犬になってほしい」

愛犬にそんな期待を持っていませんか?

そんなこと思ってる時点で犬は全く成長しません。

むしろ、それが犬にとって、プレッシャーにもなるのです。

何度も言うようですが、犬自身が楽しいと感じたときにパワーを発揮します。

犬に希望を持つまえに、まずは犬と絆を深めることを大切にしましょう。

犬の可能性を広げるのは飼い主の役目だと思っている

飼い主が「愛犬が事故を起こさないために」ということを考えると、細かいことにまで目を向けてしまいますよね。

しかし、飼い主が何でもかんでも、手を出してしまうと自信のない犬に育ってしまいます。

飼い主が心配しなくても犬は本能で正しいこと、危険なことはだいたい分かります。

ことわざでも「かわいい子には旅をさせろ」という言葉もあるように愛犬のことを見守る姿勢も必要です。

しつけをしないとバカ犬になると思っている

「しつけをしないとバカな犬に育ってしまうのではないか?」

確かにしつけをしないと問題行動が起きる可能性は高まります。

しかし、しつけにフォーカスしすぎてしまうと犬の心は冷めていきます。

「この子のために、しつけをしなきゃ!」

この飼い主さんの強い責任感が犬を苦しめます。

しつけを飼い主自身が「楽しい」と感じることができれば犬もスクスクと育つのです。

まとめ:犬の可能性を広げよう!

犬のしつけを失敗する多くの理由は、押し付け教育によるものです。

また、飼い主が必死になればなるほど、愛犬は苦手意識を持つようになります。

あなたが本気で愛犬の可能性を広げてあげたいと思うなら、犬自身が「もっとやりたい!」と楽しく取り組んでください。

そして、僕みたいな失敗を繰り返さないように犬とのキズナを築いていきましょう!

千葉県を拠点に犬の問題行動の解決、飼い主様へのコーチングを行っています。(その他の地域はお問い合わせ下さい)

あなたの犬が吠える、引っ張る、噛み付くなどお任せ下さい。

\まずは無料カウンセリングから/あなたの犬にぴったりなしつけ方法をご提案いたします!

今すぐ無料カウンセリングを試してみる